ばっちの怪我1   

3月の末でした。

ご飯に駆け寄ってきたばっちとZが軽くぶつかりました。

「ヒン」

と鳴き声を軽くあげて
びっこを引き出したばっち。

すぐにいつもの病院へ連れて行きました。

診断は
「捻挫」

「しばらく消炎剤を飲んだら治りますよ。」

そう言われて連れて帰りました。

でも1週間経っても びっこを引いている。
それどころか 片足殆ど使わなくなってる。

捻挫じゃない!

そう思って再度病院へ行きました。

先生は レントゲンを取って

「肘の腱が外れてしまっているようです。
 多分骨折の時に長期でギブスを当ててたせいかもしれませんが
 はっきり 分からないので 全身麻酔を掛けて
 MRI をして下さい。
 MRIを見て どの部分で腱が外れているのか?
 分かったら 手術をします。」

と言われました。

私がその時思ったのは

・どうせ手術をするのに どうして前もって全身麻酔でMRIをしなくちゃいけないの?

この点でした。

「MRIをしないと手術出来ないんですか?」

そう問いだたす私に
「レントゲンには 骨しか映らないので 腱を調べる為には
 MRIが必要です。」

と言われました。

私はどうしても納得がいかず・・・
MRIをお願いしないで 家にばっちを連れて帰りました。


その頃のばっちは、片足が使えないので
おしっこするのも 這ってするように成っていて・・・
不安で胸が一杯でした。


続く・・・

by trisdassi | 2008-07-18 14:02 | 日記

<< ばっちの怪我2 クイズです >>